爪水虫 症状

爪水虫の症状は痒みがないのが特徴?

爪水虫,症状

水虫というと、とてつもなく痒いというのが症状のひとつですが爪水虫の症状は別です。

 

爪水虫では痒みがありませんので最初はなかなか水虫になっているとわかりずらいかも知れません。

 

足の親指の爪から感染することが多く他の水虫のように患部に水泡ができたり皮膚がじゅくじゅくしたりすることもほとんどありません。

 

爪水虫の症状でわかりやすいものが爪の変形や変色です。

 

水虫に感染した爪は白く濁ったり黄色に変色したり、ひどくなると真っ黒になってしまうこともあります。

 

また、分厚くなってしまって爪が切りずらくなったり爪が弾力性を失って、ボロボロと剥がれおちたりしてしまいます。

 

爪水虫は元々水虫持ちの人が白癬菌が爪の中に入り込んでしまい発症するケースが多いのですが中には自分でも全く気がつかないうちに感染している場合もあるようです。

 

爪水虫の症状に似ている皮膚病もあり見た目だけでは判断がつきません。

 

皮膚科で検査をしてもらって白癬菌に感染しているかどうかをまずははっきりさせましょう。

 

爪水虫は症状が進行してからでは完治するのが非常に困難です。

 

市販の水虫薬などを使っても完全に治ることはありません。

 

医師の診断と指導のもとでしっかりとした治療を行って下さい。