新宿の入れ歯専門の歯科

入れ歯の細部にまでこだわる入れ歯専門医院

新宿の入れ歯専門の歯科

入れ歯がフィットしていないと浮きや外れがあるだけでなく、歯茎の粘膜を傷めてしまいます。また強く噛めない入れ歯では、食べ物を十分咀嚼できないために、胃腸に負担をかける結果になります。

 

しかし新宿の入れ歯専門の歯科では、細部にまでこだわった入れ歯作成が行われ、多くの人々に喜ばれています。一般的な入れ歯は、クラスプという金属製のバネがあるタイプで、クラスプデンチャーと呼ばれています。クラスプに使う素材には、コバルトクロムやチタン合金などが使用され、装着感の優れた入れ歯が作られています。また、ノンクラスプデンチャーと呼ばれる金属のバネを使わないタイプもあり、見た目が良いため人気があります。

 

ノンクラスプデンチャーは保険適用外ですが、入れ歯専門の歯科では素材の細部にまでこだわり、歯茎に最大限フィットする柔軟な材料で作成しています。素材となる樹脂は歯茎に近い色なので、口を開けても元々の歯茎と区別がつきません。厚さも保険適用の入れ歯よりも薄く、食事中も違和感なく使えます。従来の入れ歯のように、滑舌が悪くなる心配はありません。

 

さらに新宿の入れ歯専門の歯科では、歯の噛み合わせを丁寧に調べてから作成するため、咀嚼不全も起こりません。尚、歯科医や歯科技工士、そして歯科衛生士は全員が優れたスキルを持っています。現在使用中の入れ歯に感じている不満などを、しっかりヒアリングしてくれるため、希望に合った入れ歯が得られます。