水虫 つめ2

つめ水虫の症状の特徴

水虫,つめ2

つめ水虫の症状の特徴は、長い時間をかけて少しずつ変色したり変形したりします。黄色くなったり、白く濁ったり、厚く変形したりと見た目はさまざまで、ボロボロと欠け始める人もいます。

 

他の水虫と違って、つめの水虫はあまりかゆみを感じることはないようです。しかし水虫の症状が進むと、痛みが出てきたり、つめの厚みが増すために陥入爪になり、つめが肉に食い込んで痛いという場合もあります。

 

水虫は親指のつめにできることが多いので、特に女性の場合はきついパンプスなどで常に足が締め付けられるために、よけいにつめがささって痛むようです。

 

完全に水虫を治療しないと、いつまでたっても再発を繰り返し、最初は足の水虫だけであったのがいつの間にかつめの中にまで感染したり、水虫のせいで硬くなった角質層の中に潜んだりして、どんどん治りづらくなってしまいます。

 

早い段階で水虫に気がついて、すぐに手を打てば完治も早いのです。つめ水虫も同じで、初期であれば塗り薬で治ります。

 

何かおかしいな?と思ったら自己判断で水虫に効果的な薬やかゆみどめを使うのではなく、皮膚科で検査を受けるようにしましょう。医師に処方された薬をきちんと使えば水虫は必ず治ります。

 

水虫のつめでは、サンダルもはけませんよね。一日も早く水虫対策をしましょう。